「強気申告」と「弱気申告」

「強気申告」と「弱気申告」

 税金の申告は税法に基づいて申告するのだから誰が計算しても同じ税額になるはずなのだが、実はそうでもない。

 どのように解釈すればよいのか迷う事例はいくらでもある。

 典型的なのは配偶者名義の預金だ。  

 Aさんが亡くなった。Aさんの妻Bさん名義の預金が数千万円あった。BさんはAさんと結婚する前後も会社勤めなどしたことがない、Bさんの親から財産を相続したこともない。こんなとき税務署はBさん名義の預金は誰のものとみるのだろう。いわゆる妻のヘソクリ問題だ。

 Bさんは「この預金は私のもの!」と言うに決まっている。家族に、もしものことがあったとき、勤め先が倒産して職を失ったとき、病気になったとき等々。なんせ、三、四十年、生活費を節約して、コツコツ家族のために貯めてきたのだ。Bさんは良妻賢母の鏡のようなひとだったのだ。もちろん税金をごまかすような気持ちはない。

 この場合、税務署はBさんの預金ではなく、亡くなったAさんの財産とみる。「え~っ!そんなバカな!」B さんの悲鳴が聞こえる。

 生活費の余りはBさんの名義で預金されていたことはA さんは承知の上だ。

 亡くなったAさんは暗黙のうちに贈与していたことになり、AからBへの贈与は成立していると私なら理解する。

 ところがどっこいこれが裁判では通らないのだ。公の場で争えば負ける。

 こんなとき、税理士はどのように申告するか。それについて「強気申告」と「弱気申告」がある。

 「強気申告」は税務署はBさんの預金であることを否認して相続税を追徴してくるかもしれないが、そこを敢えて頑張ろうとする申告だ。脱税ではない。見解の相違だ。もし、調査の現場で税務署員が納得すればこちらの主張が通る。気合と根性でこちらの主張が通ることがある(こういうことがあるから実務は面白い)。

 「弱気申告」は闘ってもどうせ負けるのだから最初から白旗を掲げて、Aさんの相続財産として申告する。そうすると相続税の本税の追徴もないし、加算税や延滞税を納める必要もない(いわゆるおとなの申告)だ。その代わりBさんの不満は頂点に達してはいるが。

 そういうなかでも一番みっともないのが、当初「弱気申告」をしておいて、その後、更正の請求(当初の判断が間違っていたので後から税金を返してくれという手続き)をすることだ。

 しかし、これはまず通らない。当初の申告が間違っていたかを立証しなければならないのは納税者だからだ。

 当初申告でBさんの預金と判断した申告をひっくり返すには税務署が立証しなければならない。そして税金を追徴するにはその理由を付記しなければならない。税務署はこの理由付記を嫌がるのだ。私は若い頃は強気申告一辺倒だった。税金の世界に限らず「ノー・トライ・ノー・チャンス」だ。たとえ、強気申告で負けたとしても「ナイス・トライ!」と納税者は税理士を褒めてやるべきだ。そうしないと弱気な税理士ばかりになってしまう。

書面添付の申告ってなあに?

書面添付の申告ってなあに?

 税金の申告をしたらホッとして気分がスッキリするかというと、そうでもない。お客さんが心配するのは、その申告に対して税務調査はあるのだろうか?ということだ。まじめに申告をしても税金のルールが複雑すぎて、完全無欠な申告は難しい。まじめに申告したつもりでも間違いが見つかることは大いにある。

 そうなると本税を追徴されるだけでなく、加算税や延滞税まで取られてしまう。

 そこで税務申告に書面添付制度というものがある。税理士法第33条の2に規定する書面を添付すると、原則、税務署の調査が省略されるという制度だ。

 「この申告は税理士の私が徹底的に調べました。だから税務調査をしないでください」という意思表示。税理士の太鼓判、それを添付して申告するのがこの制度。

「おお~、いいじゃないか、そんな制度があるなら、うちも頼むよ」お客さんはそう言うに決まっている。

 税務調査がなければお客さんの精神的な負担も軽くなるし、税理士も調査立会の手間も省ける。ありがたいことだ。

 ということで、私も書面添付制度を活用しようと、この制度を活用している税理士さんの研修会に参加した。

 結果は、がっかりした。まるで税務署の下請けじゃないか。具体的なことを書くとキリがないが、いかに徹底的に調べたかを書面に残しておくことが税理士の仕事になる。

 例えば預貯金の動きを過去10年間遡って受け払い記録をチェックしていくのはもちろん、お客さんの言ったことをそのまま信用するのではなく、その裏付けを取っておくことだ。

 ユダヤ人大虐殺の収容所でユダヤ人からもっとも恐れられ、嫌われたのはナチスの監視員ではない。おなじユダヤ人でありながらナチスからユダヤ人の監視を任せられた「カポー」という人たち。「カポー」はナチスの監視員からサボっていると見られたら、即、ガス室行きだ。ウカウカしてはいられない。

 わたしは熱心に書面添付制度を活用して「私はここまで徹底的に調査して申告書を作っている」と自慢げに話す税理士さんをみて「カポー」と思ったよ。

 お客さんの敵は税務署だけでなく税理士も敵になる。はっきり言ってベテランの税理士が本気を出せば税務署員より優秀だ。税務署員にあって税理士にないもの、それは国家権力だ(これって決定的だけどね)

 書面添付の申告書を提出したのに、その中身がボロボロだったら税理士の責任が問われる。あだや疎かに書面添付の申告などできない。

 そのうち「この申告についてはすべて税法の規定に準拠して処理してある」との意味のない文言を記載して、体裁だけ整える税理士も現れるだろう。

 そんなことなら、お客さんの話をまず信用する。そして税務上の問題が生じたら税務署と闘う。それでいいじゃないか。

 おまえは、いったい誰の味方だ!税理士もこう言われたらおしまいだ。

口頭による死因贈与は認められるか

口頭による死因贈与は認められるか

pastedGraphic.png
pastedGraphic_1.png

     

 甲さんの姉は離婚して戻って来て、独り暮らし。そこで甲さんは姉の住いとして父親から相続した土地と建物を甲の姉にタダで住まわせてやった。甲さんは「俺が死んだらこの土地と建物は姉さんが受け取って、そのまま使えばばよい」と常々、姉に言っていた。

 そうして甲さんは亡くなった。遺言書もなければ「俺が死んだらこの土地・建物を姉さんにやるよ」という死因贈与契約書も作ってなかった。

 甲さんの姉は相続人ではない。だから甲さんの財産を引き継ぐ権利はない。

 いったんは相続人である配偶者と子供A,Bが相続して相続税を支払い、その後、相続人から甲の姉へ贈与することになる。税理士さんや弁護士さんに相談しても同じ回答が返ってきた。

 こういう場合、どう考えればよいか。

専門家のいうことを聞いていたら相続税と贈与税の支払いで税金まみれになってしまう。

 この状況から生前に口頭による死因贈与があったことは容易に想像できる。

だから、こういうときは口頭での死因贈与契約があったと主張すればよい。それを遺産分割協議書にも次のように書き込んでおく。

「本件贈与は口頭で行われ文書は存在しないが、本契約の成立は贈与者の相続人と受贈者は承知していることであり、贈与者の死亡により贈与の効果が生じていることを当事者は異議なく確認した」

 口頭による死因贈与を無制限に認めたら何でもありになってしまう。

 なぜ、税務署はこういう事例の場合、認めるのだろう。

 なぜなら、それを認めても相続税は取れるからだ。甲の姉が死因贈与により受け取れば、相続税は2割加算の対象となる。よって税務署は何も損をしない。

 口頭による死因贈与が無制限に認められるわけはないが、「生前にそういう口頭での契約があってもおかしくはない」と思えば積極的にチャレンジすればよい。

  

相続登記が義務化される

相続登記が義務化される

 「えっ!今まで相続登記は義務ではなかったの?」そう、相続税の申告期限は10ヶ月だが、遺産分割には期限もないし、相続登記を放ったらかしのままでも罰則はなかった。だから先代や先々代名義のままになっている土地も珍しくはない。

 それが原因で所有者が分からない土地(所有者不明土地)が、全国で約2割(九州全土)ほどの面積になっている。

 所有者が分からないとその土地を利用することもできないし、買い取ることもできない。それが原因で公共事業や災害復旧事業にも支障をきたす。その解消のための法律が今年の4月21日に参議院で成立した。「改正不動産登記法」と新法である「相続土地国庫帰属法」そのほか手を加えた法令は20本以上に及ぶ。

 将来値上がりするかもしれない、と買った北海道の原野とか、途中で開発が頓挫した別荘地や農業をやる気もないのに相続してしまった調整区域内の農地等々、捨ててしまいたい土地の処分に困っている人たちは多い。

 だからこういう面倒な土地は遺産分けでも押しつけ合いとなり、最悪は相続登記もしないまま放置される。こういうことで「所有者不明土地」が全国に存在する。

 そこで相続登記が義務化されることになった。まずは遺産分割の期間制限(相続開始から10年経過すると特別受益や寄与分の主張をすることができない)「相続が起きて3年以内に相続登記をしないと過料(10万円以下)の制裁を受ける。また、所有者の住所変更の登記も2年以内と義務付けられた。過料(5万円以下)の制裁もある。2024年から施行予定だ。

 また登記漏れを防ぐため、登記官が不動産の記録を証明する制度が新設される。これにより所有不動産記録証明書の交付を請求することにより全国の土地を名寄せすることができる。いままでは固定資産税の免税点以下なら税金がかからないので、市町村から課税通知が来なかったが、これからは日本のどこに土地を持っていても名寄せによって分かることになる。これは将来、マイナンバーとひも付けされることになるのだろう

 やっかいな共有土地の解消のための手続きも手当てされている。いらない土地を国に押し付けるための要件も細かく定められた(これらの要件は相続税の物納の収納手続きとほとんど同じ)。ただし、審査手数料と10年分の管理費を支払う必要はあるが……。

 いらない土地を捨てるのも大変だ。

 相続対策で重要なことは税金対策ではない。「余計なものは持たない」これに尽きる。

 シンプル・イズ・ベスト。子孫にやっかいな土地は残さないことだ。

税務調査後の申告是認通知

税務調査後の申告是認通知

(Q)先日は相続税の税務調査に立ち会っていただき、ありがとうございました。わたしは生まれて初めて税務調査を経験しました。とても緊張しました。

(A)お疲れ様でした。でも、リラックスして対応されておられたので、安心してみていることが出来ましたよ。

(Q)事前に花村さんから「聴かれたことだけに答えること」と聞いていましたし、そばにいていただいて安心でした。

(A)税務調査では緊張してしまい、余計なことをペラペラ喋る人が多いのです。税務署員と仲良くなった気分になって喜ぶ人がいるのですが、税務署員と仲良しになったところで、なにも良いことはありません。

(Q)ところで、昨日、税務署から「更正決定等をすべきと認められない旨の通知書」というのが郵送されてきました。これはどういうことですか?

(A)それがいわゆる「申告是認通知」というものです。あなたの申告は完璧でした。これですべて完了しました。という意味の書類です。

(Q)あ、そうですか。わたしはなんの意味か分からなかったものですから、まだなにかあるのかと思っていました。

(A)税務署からは事前に通知がありまして、預金の出金にもう少し解明したいところがある、というような言い方をしていましたが、今回は指導に止めておく(今回はこのくらいにしといたる)とエラソーに言っておりました。税務署はあなたの申告は完璧でしたとは、口が裂けても言わないのです。昔は申告是認通知はめったなことでは出さなかったのです。しかし、ルールが変わりました。調査後の結末は必ず、納税者に知らせなければならなくなって、“尻切れトンボ”では終われないのです。だから、あなたにとっては、これで完璧に税務申告は終了したということです。ご安心ください。

(Q)コロナの緊急事態宣言中でも調査したい、というので何か重大な問題を掴んでいるのか?と心配しておりましたので拍子抜けしました。

(A)コロナの緊急事態宣言下だったので調査を断ることもできたのですが、調査を受けるあなたにとって、鬱陶しいことは早く片付けた方がよいと思ったのです

(Q)ありがとうございました。ところで税務署からの申告是認の通知書はどうすればよいのですか?

(A)額に入れて飾っておくなり、ゴミ箱に捨ててしまうなり、好きにすればよいのです。なかにはご先祖様への報告といって仏壇に置いておく人もいますが(笑)……。

遺言書の付言事項

遺言書の付言事項

 「妻、◯◯よ、最後まで本当に苦労をかけました。長年にわたり連れ添ってくれてありがとう。長男◯◯、次男◯◯、長女◯◯は協力して、お母さんの面倒をよろしく頼みます。次男◯◯の相続分が少ないのは、お前の放蕩にはさんざん苦労をさせられたからだ。それでも文句を言わずに我慢しておくれ。お父さん亡き後も兄弟仲良く暮らしてください。お父さんは天国からお前たちのことを見守っているよ」

 こういうのを遺言書に書くのを付言事項と言う。法的には意味がない。最近はこういう付言事項を遺言書に書くことが流行っている。

 付言事項の文例集もネットで検索すれば、出るわ、出るわ、よりどりみどりだ。そこからテキトーにみつくろって書いたところで相続人の心に響かない。どうせ書くなら文例集からパクるのではなく。遺言書とは別に、自分の思いの丈を書くことだ(それなら遺言書ではなく遺書だね。)書きたきゃ書いてもよいが、以前は「よけいなことは書くな」ということで付言事項が書いてある遺言書をみることは少なかった。

 上記の例のように次男に兄弟仲良くしろと言っても「そりゃ、無理だろ」と言いたくなる。「なにが天国から見守ってやるだ!おやじなんか地獄に落ちてしまえ!」となりかねない。付言事項があることによって争いに発展していくこともある。本当に「余計なことは書くな」だ。

 遺言書はシンプルであるべきだ。遺言書の中に法的に意味のない付言事項を書き込むからややこしくなる。

 遺言書の理想型は「私の財産はすべて妻◯◯に相続させる」の一文で終わり。余計なことは考えない。付言事項もなし。「二次相続のことまで考えて遺言書をどう書けばいいですか?」などと考える人がいる。

 先のことは誰にもわからない。人の心も変わるし時代も変化する。それなのに「遺言書を書かなければ」などと強迫観念に囚われる必要はない。遺言書があると助かるのは子供のない夫婦など特殊な事例だけだ。

 私は、自分が死んだ後まで財産をコントロールしようとする人の気が知れない。

遺産分けの基準

遺産分けの基準

 遺産を分ける基準は「法定相続分」とかたくなに信じている人がいる。子がいる場合は、配偶者の法定相続分は1/2。残りの1/2を子供たちが均等になるよう相続する、というように。

 しかし、民法では遺産分けの基準を次のように定めている。「遺産の分割は、遺産に属する物または権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮してこれをする」(民法906条)。とても常識的な内容だ。

 つまり、相続人たちが納得さえすれば、法定相続分にとらわれずにどのように分けてもよいわけだ。法定相続分は相続人が決めることができない場合の最後の拠り所だ。

 遺産分けで揉める場合の多くが、最初から法定相続分を持ち出して紛糾している。こういう人のことを融通が効かない「デジタル頭」というのだ。

 そもそも相続人にはそれぞれの事情があり、財産の評価もフィクションだ。たとえば調整区域内の農地など家も建てることはできないし、農地としてしか利用できない。評価額は、いっちょまえでも相続する当人にとっては「負の財産」だ。こういう土地を農業をしない子が相続してもお荷物になるだけだ。そのへんの事情を考えながら遺産分けをしなさいね、というのが民法906条の趣旨である。

 そもそも、すべての財産を金額に換算して評価すること自体に無理がある。虚構の上に虚構を積み重ねた評価をもとにして、法定相続分が決まるのだから、法定相続分に縛られて遺産分けすること自体がナンセンスだ。ところが遺産分けで揉めてしまうと弁護士や裁判官が登場する。そうなると最後の拠り所となる「法定相続分で分けなさい」という結論に行き着くのだ。誰も満足しない結果となるのがオチである。財産の大半を占める土地の評価そのものが空想の世界の話だ。仮にその農地の評価は1,000万円と聞いてどう思いますか。その評価がフィクション(虚構)なのだ。法定相続分の1/2とか1/4というのもフィクションだ。その法定相続分にどういう理屈が存在するのだろう?

 どうして配偶者の相続分は1/2で子供は均等なのか、誰も説明できないのだ。評価額も法定相続分も空虚だ。それをもとに弁護士さんを雇って裁判で争うことは本当にバカバカしい。私は今まで裁判で決着してよかったと満足した人の話を聞いたことがない。

 遺産分けのトラブルを解決してもらうのに裁判を利用するのは暴力団に頼むよりマシという程度でしかない。相続人間で「気遣い」「感謝」「信頼」があれば、遺産分けはスイスイ進んでいく。何も難しいことはないのだ。そしてほとんどの遺産分けがそのように決まっていく。

誰が借金を相続するの?

誰が借金を相続するの?

 甲さんは預貯金1億円借金1億円を残して亡くなった。

 甲さんの相続人は二人。長男のAさんと次男のBさん。長男は跡取り息子で真面目な公務員。次男は放蕩息子、独身で無職のプー太郎。

 純財産額はプラス・マイナス、ゼロ。だから相続税はかからない。しかし、相続税はかからなくても遺産分けはしなければならない。この場合、預貯金1億円と借金1億円はどう分けるか。

 長男は「俺が預貯金1億円を相続する。借金はおまえ(次男)が相続しろ。どうせおまえは借金なんか返せないんだから、自己破産しろ。そしたら俺が後の、お前の面倒をみてやる」

 次男「分かった。どうせ俺はプー太郎。自己破産しても痛くも痒くもない。その代わり、後の俺の生活の面倒は見てくれよ」

 こうして遺産分けが決まった。これって、どう思いますか?

 計画的な借金の踏み倒しじゃないか。そのとおり!

 こんなことが通るわけがない。これが通れば金融機関は金を貸さなくなる。

 借金は「分割債務」として当然分割。驚くなかれ、遺産分けの対象ではない。遺産分けするしないにかかわらず、長男・次男がそれぞれ1/2ずつ当然に相続することとされている。(民法427条:分割債権及び分割債務)

 そうは言っても金融機関は次男が相続した借金の5000万円を取り漏れてしまう可能性がある。だから生前に甲さんが借金をするときには、土地を担保に取るなり、相続人である長男を連帯保証人に指定しておくわけだ。

 借金の返済が滞っても、土地を担保として取っておれば土地を差し押さえることができるし、連帯保証人を指定しておれば、長男は逃げも隠れもできない。

 というわけで借金の相続については金融機関と取り決めをすることになる。

 預貯金1億円を相続した長男が借金1億円のすべての返済義務を負い、次男は返済義務を免れる取り決めをすることを「免責的債務引き受け」という。または長男次男が各5000万円ずつの返済義務を残したまま、新たに長男との間で1億円の返済義務を課す「併存的債務引き受け」とがある。いずれも金融機関との間の契約となる。

 借金をすると相続税が安くなると気楽に借金をする人がいるが、借金の相続は甘いものではない。

テクノストレス

テクノストレス

 IDとパスワードを入力してください」

 くそぉ~!何回、同じことをさせるんだ!」

 何度やっても弾かれる。私にとってコンピュータは鬼門だ。

 IDとパスワード、間違いなく入力しているはずなのに「ログインできません。入力内容をご確認ください」の繰り返しだ。

 どないなっとんねん!

 コンピュータはアホか!

 本人確認でIDとパスワードの入力が必要なのだろうが、いい加減、俺のこと覚えろよ!と言いたくなる。顔認識でけへんのか!バカタレが!

 「あれ?花村さんは早くからコンピュータを使いこなしておられるので、デジタル人間かと思っていましたが‥‥」。

 「とんでもない、私はデジタル音痴のアナログ人間です。コンピュータはカンを頼りにいじり回しているだけ。自慢じゃありませんが、私は今まで一発でログインできたことは一度もありません

 コンピュータと付き合い始めた頃、IDとパスワードは覚えやすいように簡単な設定にしていた。するとパスワードは8桁以上にしなさいとか、アルファベットに大文字を加えなさいとか言ってくるので変更していたら、そのうち分からなくなってしまった。

 その都度、メモ帳には記録しているので調べれば何とかなるのだが、めんどくさい。パスワード管理のソフトもあるらしいが使い方がわからない。

 そうこうしているうちにコンピュータのバカさ加減に辟易するようになってきた。

 アナログ人間は顔パスで通したいのだ。「よぉ!おれ、おれ」で通じる世界に慣れきって生きてきたのだ。

 私の子供の頃、玄関に鍵をかけている家など、どこにもなかった。開けっぱなしだった。それと今のようにセコムで防御しているのとどちらが幸せか。

 人を信用していないから、いちいち、こういう面倒なことになる。

 パスワードも使い回しは危険ですよ、とか言っているが、何通りものIDとパスワードを覚えられるわけないだろ! 

 そのうち自分の家に入るにも鍵だけでは足りず、IDとパスワードが必要になるかもしれないぞ。泥棒も入れないが、自分も入れない家、ディストピアだ。

 

 

テクノストレス

テクノストレス

 IDとパスワードを入力してください」

 くそぉ~!何回、同じことをさせるんだ!」

 何度やっても弾かれる。私にとってコンピュータは鬼門だ。

 IDとパスワード、間違いなく入力しているはずなのに「ログインできません。入力内容をご確認ください」の繰り返しだ。

 どないなっとんねん!

 コンピュータはアホか!

 本人確認でIDとパスワードの入力が必要なのだろうが、いい加減、俺のこと覚えろよ!と言いたくなる。顔認識でけへんのか!バカタレが!

 「あれ?花村さんは早くからコンピュータを使いこなしておられるので、デジタル人間かと思っていましたが‥‥」。

 「とんでもない、私はデジタル音痴のアナログ人間です。コンピュータはカンを頼りにいじり回しているだけ。自慢じゃありませんが、私は今まで一発でログインできたことは一度もありません

 コンピュータと付き合い始めた頃、IDとパスワードは覚えやすいように簡単な設定にしていた。するとパスワードは8桁以上にしなさいとか、アルファベットに大文字を加えなさいとか言ってくるので変更していたら、そのうち分からなくなってしまった。

 その都度、メモ帳には記録しているので調べれば何とかなるのだが、めんどくさい。パスワード管理のソフトもあるらしいが使い方がわからない。

 そうこうしているうちにコンピュータのバカさ加減に辟易するようになってきた。

 アナログ人間は顔パスで通したいのだ。「よぉ!おれ、おれ」で通じる世界に慣れきって生きてきたのだ。

 私の子供の頃、玄関に鍵をかけている家など、どこにもなかった。開けっぱなしだった。それと今のようにセコムで防御しているのとどちらが幸せか。

 人を信用していないから、いちいち、こういう面倒なことになる。

 パスワードも使い回しは危険ですよ、とか言っているが、何通りものIDとパスワードを覚えられるわけないだろ! 

 そのうち自分の家に入るにも鍵だけでは足りず、IDとパスワードが必要になるかもしれないぞ。泥棒も入れないが、自分も入れない家、ディストピアだ。